ようこそ舞鶴赤れんがパークへ

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4
  • photo5
  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4
  • photo5

赤れんがパークの建物は、そのほとんどが、旧海軍舞鶴鎮守府の軍需品等の保管倉庫として、
明治35年(1902)から明治36年(1903)に建てられたものです。
これらの倉庫のうち8棟が平成20年(2008)に国の重要文化財に指定され、
平成24年(2012)に「舞鶴赤れんがパーク」としてオープンしました。
現在、舞鶴赤れんがパークは、舞鶴の歴史・文化・観光情報が集まるゲートウエイとして、
また、市民が集い、出会いと創造を楽しむ交流拠点としての役割を担いながら、
魅力あるイベントや舞鶴ならではのSHOPで賑わっています。

赤れんがパークについて
event

イベントに行く

芸術・文化の交流の場として
様々なイベントが、催されています。

詳細はこちら
facility

施設を巡る

舞鶴の食文化を味わうお店や、
特産品のお土産物屋などがございます。

詳細はこちら
rental

施設を使う

歴史ある近代文化遺産を
地域の人々に広く開放しています。

詳細はこちら