赤れんが3号棟まいづる智恵蔵

まいづる智恵蔵
1F 赤れんがショップ
2F 展示エリア

赤れんが3号棟(まいづる智恵蔵)の建物は明治35年(1902)に旧海軍兵器廠の倉庫として建設されたれんが造の倉庫で、終戦までは弾丸庫並小銃庫として、戦後は民間倉庫会社の倉庫として使われました。
平成19年(2007)に先人の智恵を継承し、智恵を育む場として、開設しました。
現在では、舞鶴や海の京都エリアの土産物が並ぶ赤れんがショップのほか、旧海軍ゆかりの展示等を行っています。