STORY2

世界で類のないれんが専門のミュージアム
「赤れんが博物館」Part.1

世界中のれんがが集合!

それでは中に入ってみましょう!
展示室に入ると、世界のれんががずらり。 中には、くさび形文字が刻まれたメソポタミア文明のれんがから、エジプトの日干しれんが、モエンジョダロのれんが等、いろいろなものがあります。紀元前は、れんがは建築材料だけでなく文字を刻む文書のようにも使われていたのが分かります。

IMG_4062
奥に進むと…
おや、何やられんが造の空間があります。

IMG_4066IMG_4068

こちらでは舞鶴市にあったれんが工場「神崎ホフマン窯」について紹介しています。
(ドイツ人のホフマンが考案したので「ホフマン窯」)
この「神崎ホフマン窯」は現在も舞鶴市の北西部の神崎地区に工場跡が残っていて、国の登録有形文化財に登録された貴重な近代化遺産です。この窯を含め国内には4つのホフマン窯が残っており、公開されている窯もありますが、神崎ホフマン窯に関しては危険防止のため当面の公開予定はないそうです。

1 2 3
INDEX

目次