赤れんが博物館

舞鶴市には、明治34年(1901)に旧海軍舞鶴鎮守府(ちんじゅふ)が開かれたころ、海軍が建設した多くのれんが建造物が残り、100年をこえる時の流れのなかで、赤れんが建造物の美しさは深まりつづけています。
 赤れんが博物館の建物は、明治36年(1903)に旧舞鶴海軍の魚雷の倉庫として建設されました。鉄骨とれんがを組み合わせた建築物としては、日本に今もある建物として最も古いものの中に入るといわれています。
 舞鶴らしさの一つとなっている、れんが建造物のもつ魅力とその歴史を多くの方々に理解していただくことを目的として赤れんが博物館を開設いたしました。

  • 外観

  • 展示室

施設情報

所在地 〒625-0036 京都府舞鶴市字浜2011番地
TEL 0773-66-1095
FAX 0773-64-5123
Email rengaアットマークpost.city.maizuru.kyoto.jp
※迷惑メール対策のため、@をアットマークと表示しています。@に直して送信してください。
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 年末年始
入館料 大人 300円
学生(小学〜大学) 150円 ※ただし、市内在住か在学の学生は無料
共通券 大人個人 400円
学生個人 200円
(赤れんが博物館・舞鶴引揚記念館に入館いただけます。)
入館料割引 団体割引 大人 200円 学生 100円 (いずれも20名以上)
障害者割引あり(5割減額)

展示情報

展示の詳細情報はこちらにございます。

赤れんが博物館 展示について

赤れんが博物館 公式Facebookページ

赤れんが博物館Facebookページはこちら

舞鶴赤れんがのおはなし

赤れんが博物館の展示の裏話についての記事もございます。

パンフレットダウンロード(PDF)

日本語(Japanese) 英語(English) 韓国語(Korean)
中国語/簡字体(Chinese) 中国語/繁字体(Chinese)

ムービー

館内マップ