舞鶴市ふるさと発見館企画展「神の島-冠島」

2/04(土) - 2/26(日)

開催場所 赤れんがパーク3号棟(企画展示室)
開催日時 2/04(土) - 2/26(日)
9:00~17:00
入場料 無料
主催 舞鶴市郷土資料館
お問い合わせ 0773-66-1035(まいづる智恵蔵)

舞鶴市ふるさと発見館企画展
「神の島-冠島」

若狭湾に浮かぶ「冠島」は若狭湾一帯の漁民からは”神の島”として、
また古来から船乗りが嵐にあった時の一時避難場所として大切にされてきました。
一方、その洋上に浮かぶ立地条件から豊かな自然が保たれ、
オオミズナギドリ繁殖地として国の天然記念物にも指定されています。

【会期】
平成29年2月4日(土)~2月26日(日)9:00~17:00
【場所】
赤れんがパーク3号棟
まいづる智恵蔵1階 企画展示室

【展示品】 25点
主な展示品
★「丹後加佐郡東大浦海岸写生図 附宮津漁諸勝景並冠沓二島」
(牧野家文書:市指定文化財)
江戸時代の宮津藩から田辺藩の海岸線を海からの視線で描いた絵図

★冠島植物・化石標本(丹信實氏採集標本資料)
丹信實氏(1902~1977)が昭和3年(1928)~昭和31年(1956)まで17回にわたって渡島して採集した標本類。丹氏の研究は日本の島嶼部研究に大きく貢献しました。

★その他 「細見丹後国大絵図」(糸井文庫)、島桐の火鉢、冠島地図(加藤家)、老人島神社関連文書(山崎家・大谷家)、老人島神社参詣幟、オオミズナギドリ剥製、(「冠島」、「沓島」、「オオミズナギドリの巣穴」田主氏版画))

この信仰の島、自然の島としての冠島が辿った足跡を紹介します。DSC06675 (800x600)

その他のイベント